スターバックス(英: Starbucks Corporation、NASDAQ: SBUX)は、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店である。 2015年現在においておよそ90の国と地域で営業展開し、店舗数は22,519店。
51キロバイト (6,459 語) - 2020年6月29日 (月) 13:05



(出典 dol.ismcdn.jp)


テレワークが増えたからかな?

1 幼稚園児たん ★ :2020/08/11(火) 05:14:01 ID:iBljoDf19.net

マクドナルド(McDonald's)、スターバックス(Starbucks)、ダンキン(Dunkin')は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)で、朝食の売り上げが落ち続けていると話した。それは他の時間帯の売り上げが回復しても変わらないという。
「朝食は干上がっている」とパネラ(Panera)のCEOニレン・チャウダリー(Niren Chaudhary)氏はBusiness Insiderに語った。
多くの顧客が朝、オフィスに出社しなくなる中、大手チェーン各社は朝食の売り上げが減った分を他の時間帯にフードやドリンクを売ることで埋め合わせしたいと考えている。
アメリカ人は今、1日のうちで最も重要な食事を家で食べている。

マクドナルドやスターバックス、ダンキンといった大手チェーンは7月下旬、新型コロナウイルスのパンデミックで、朝食の売り上げが落ち続けていると報告した。それは他の時間帯の売り上げが回復しても変わらないという。

新型コロナウイルスが流行する前、朝食は成長市場で競争が激化していた。3月には、ウェンディーズ(Wendy's)が朝食メニューを導入し、パネラ(Panera)はコーヒーの"サブスク"で朝食の客を増やそうとしていた。
https://www.businessinsider.jp/post-217859


(出典 img1.esimg.jp)



(出典 c-www-lets.gnst.jp)


【【変化】マックやスタバの「朝の時間帯」の売上がコロナ禍で減少・・・】の続きを読む